• 06-6835-3555AM9:00〜12:00/PM15:00〜19:00
ネット予約はこちら
実は、3歳以上の犬・猫の
8割以上が歯周病
といわれています。

このような症状ございませんか?

  • 口が臭う
  • 歯が汚れている
  • 食べ物の好みが変わった
  • 口周りを触らせてくれない
  • 鼻水・鼻血が出る
  • 目の下が腫れた
  • 歯がぐらついている

上記の症状に心当たりがある場合は、愛犬が歯周病の可能性があります。

気になるお口の症状、
お口の臭いや歯石は心臓などの病気につながることもあります 。
できるだけ早期に適切な対応をすることが非常に重要です!

歯周病とは?

歯石がつく事などにより、歯を支えている周囲の歯肉が炎症を起こす病気です。3歳の時点では8割の犬が歯肉に関して何らかの疾患を持っていると言われています。猫も例外ではありません。
歯周病によって様々な症状が引き起こされます。口臭に始まり、歯肉の後退による歯のぐらつき、臼歯の歯周病による眼窩下膿瘍、犬歯の歯周病による口腔鼻腔瘻、顎骨の骨折など、その症状は多岐に渡ります。
動物は自分で歯磨きができません。
定期的なデンタルケアを行い、快適に食事が取れるようにしてあげましょう!

症例紹介

当院では以下の症例を対応しています。

  • Case01

    軽度症例

    • Before
      軽度症例 Before
    • After
      軽度症例 after
    • 犬種
      トイプードル
    • 年齢
      10歳

    解説

    歯石がつき始めていますが、歯肉にはあまり炎症のない状態です。口臭も普段はあまり気になりませんが、近くで寝ていたりすると多少気になります。麻酔下でのスケーリングを行い、歯磨きなどで日常ケアを行います。
  • Case02

    中度症例

    • Before
      中度症例 Before
    • After
      中度症例 after
    • 犬種
      ミニチュアダックスフント
    • 年齢
      12歳

    解説

    大分歯の表面が歯石に覆われ、歯肉に軽度の歯周炎が見られます。
    歯肉の間の見えない部分にも歯石がついており、1本だけ臼歯の抜歯が必要になりました。
  • Case03

    重度症例

    • Before
      重度症例 Before
    • After
      重度症例 after
    • 犬種
      ミックス
    • 年齢
      8歳

    解説

    歯石がびっしりついており、目の下が腫れました。合わせて15本の抜歯が必要になり、切歯は1本も残すことができませんでした。歯肉の縫合も行い、しばらくの間抗生物質も必要となりました。
上歯がこのような状態になっていたら要注意!歯周病は全身の臓器の疾患に影響します。
いつまでも健康で過ごし続けるために、歯を抜かないために、できるだけ早期にしっかりとした治療をしてあげる必要があります!

当院の歯科治療の特徴

  • 1

    事前の詳しい
    カウンセリング

    事前にお口の中の状態を詳しく診察することで、麻酔処置の前に個々に必要なケアを提案します。スケーリングの事だけではなく、アフターケアに関してもしっかりご相談します。

  • 2

    重症になる前のケア

    定期健診にて、お口の中をチェックします。重症になる前に、お口の状態を正しくお伝えし、抜歯や腫れの出る前にケアを提案します。

  • 3

    痛みの少ない治療

    私自身、痛いのは大嫌いです。先制鎮痛で、痛い思いをさせない。スケーリングや抜歯の際に生じる痛みを最小限にします。

  • 4

    充実のアフターフォロー

    健康なお口を保つために。個々の状態や性格に合ったアフターケアをご提案します。

治療の流れ

  • 診察・カウンセリング

    お口の中の状態を診察し、必要なケアについてご提案します。
    また、歯周病や処置に関するご説明をさせていただきます。飼い主様のご質問にもお答えさせていただきますので、不安や悩みなどお気軽にお伝えください。
  • 術前検査

    確実な処置と、動物を怖がらせないために、歯科処置には麻酔が必要です。
    麻酔が可能な全身状態にあるか、基礎疾患はないか、具合が悪いところはないか。血液検査、X線検査、必要であれば超音波検査にて術前の全身状態の評価を行います。
  • 処置当日

    朝食を抜いてきていただいて、お昼に処置を行います。
    嘔吐や、それに伴う誤嚥性肺炎などの危険性があるため、必ず絶食にてお連れください。処置後は院内にてご様子を見させていただき、夕方のお迎えとなります。
    処置の内容によっては1泊程度の入院が必要になることもあります。
  • 術後のケア

    手術後1週間程度で術後の経過確認をさせていただきます。
    また、これからの歯のケアの方法についてご説明をさせていただきます。

設備紹介

豊富な診断機器を保有。
大切な愛犬と愛猫へキメ細かい診断を行える動物病院です。

歯科用レントゲン

歯科のレントゲンに特化したレントゲン機器

デンタルユニット

動物歯科に特化した歯科治療機器

動物用生体情報モニター

麻酔中のモニタリングをしっかり行います。

動物用麻酔器

手術に必須の機械です。麻酔をサポートします。

料金について

当院は、飼い主様の安心のため、検査費用、治療費用等の目安となる料金を提示しております。
ペットの症状によって金額は変動することもございますので、目安としてご覧ください。
また、飼い主様がご希望をされない検査や治療は行いませんので、ご安心ください。

術前検査 処置費用
5,000~10,000円程度
(年齢や動物の状態によって)
軽度30,000円~
中等度40,000円~
重度50,000円~

アクセス

クレオ動物病院 外観①

電車でお越しの方

小田急線富水駅から徒歩3分ほど

クレオ動物病院 外観②

お車でお越しの方

患者様専用の無料駐車場(7台駐車可能)があります。

クレオ動物病院 駐車場のご案内
TOPへ戻る